商業・法人登記の際にはフリガナを

川崎の司法書士 児島充です。
平成30年。気づいたら2月になっていました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年は珍しく(?)慌ただしい1月となりました。
2月は少し落ち着いたスタートです。

申告の準備などはいろいろありますが、申告の準備は売上には何もつながらない忙しさなので、あまり嬉しくありません(笑)

早めに済ませようと思います。

商業・法人登記申請の際に法人名にフリガナを

関係ない人にはピンと来ない話題です。

平成30年3月12日から、商業・法人登記申請の際、申請書に法人名のフリガナを記載する取り扱いになるようです。

法務省:商業・法人登記申請書に法人名のフリガナ欄を追加しますhttp://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00109.html

国税庁法人番号公表サイトにおいて、フリガナ情報の提供を開始するということが改正の主な目的のようです。

現在の実務では、登記申請の際に法人名のフリガナは記載しません。
そのため、例えば「株式会社REC」という会社があったとして、フリガナが「レック」なのか「アールイーシー」なのかという区別がつきません。

なので、(確認をされることもありますが)法務局の判断でフリガナをつけて情報が整理されていきます。

すると、会社が使用しているフリガナで検索をしようとした時に、そのフリガナで登録がされていないということが生じることがあります。

フリガナ記載をさせれば、そのような不具合はなくなっていくことになります。

キラキラネームなフリガナもOK?

アルファベット表記の法人名だけではなく、漢字表記の法人名についてもフリガナを記載することになります。

たとえば「株式会社本気」と書いてフリガナは「マジ」です、というような記載がされることも拒むことはできない(と言いますか、そのまま登録せざるをえない)と思います。

そうすると検索の穴みたいなところに入り込んでしまう会社も一定数、生まれてしまいそうですが、それはそれで仕方なしということかと思います。

3月以降は、お客様にフリガナを確認するのを忘れないようにしないといけません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お電話でのご相談はこちら

お電話での相談は無料です。お困りの際はご連絡ください。また、当事務所での相談を希望のお客様は、お電話にて日時のご予約を承っております。

ウェブからの平日夜間・土日相談予約

平日の日中はお仕事や家事・育児などで時間が取れないというお客様のために、夜間・休日の無料相談会を実施しております。

メールでのご相談はこちら

メールでのご相談も24時間承っております。下記のフォームより、お悩みをご送信ください。(お急ぎの方は、電話でのご相談が便利です)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号(必須)

メッセージ本文

メールアドレスの入力間違いや、携帯電話の迷惑メール設定等で、メール相談への返信ができないケースが多発しています。メール相談ご希望の方はご注意願います。

ページトップへ戻る